チョコバスク

バスクとは、フランスとスペインの間にあるバスク地方の地方菓子です。ここではチョコカスタード入りのバスクをご紹介します♪♪

【レシピの写真】:チョコバスク

  • 動画をみる
  • 印刷する
  • 調理時間の目安
    2時間
    レシピの難易度
    レベル5
  • ブログに貼る

下のコードをブログに貼ると、このレシピが表示されるよ

ケータイでもレシピをチェック!

QRコード

@

※ドメイン指定受信など設定されている方は、「monteur.co.jp」を追加してください。

直径18cm型 1台分

生地

  • バター
    100g
  • 粉糖
    70g
  • アーモンドパウダー
    50g
  • 全卵
    40g
  • 薄力粉
    90g
  • ココアパウダー
    35g
  • ベーキングパウダー
    0.5g
  • 1.5g

チョコカスタード

  • 牛乳
    300g
  • 卵黄
    70g
  • グラニュー糖
    75g
  • 薄力粉
    30g
  • バター
    30g
  • スイートチョコ
    50g
  • ミルクチョコ
    25g

下準備

  • ・ 生地に使用するバターは、室温に戻して柔らかくしておきます。
  • ・ 粉類は、前もってふるっておきます。
  • ・ オーブンは180℃に温めておきます。

生地を作る

  • ① 柔らかくなったバターと紛糖をボウルに入れて、均一になるまで混ぜます。
    【作り方 イメージ】
  • ② ①にアーモンドパウダーを加え、ムラがなくなるまで混ぜます。
    【作り方 イメージ】
  • ③ ②に卵を2~3回に分けて入れ、ムラがなくなるまで混ぜます。
    【作り方 イメージ】
  • ④ ③にあらかじめ合わせてふるっておいた薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、塩を加え、均一になるまで混ぜます。
    【作り方 イメージ】
  • ⑤ ケーキ型の底に厚さ3mmくらいで絞り袋を使用して生地を絞ります。もう1枚、ケーキ型に絞ったのと同じサイズになるよう、クッキングシートの上に生地を絞ります。絞った生地は2枚とも冷蔵庫で30分程冷やします。(完成時は2枚の生地でカスタードをサンドする形になります)
    【作り方 イメージ】

チョコカスタード作り&焼成

  • ⑥ 鍋に牛乳と、2/3量のグラニュ糖(50g)を火にかけ、沸騰直前まで温めます。
  • ⑦ ⑥を温めている間に、ボウルに卵黄と残りのグラニュ糖を入れ、白っぽくなるまで合わせます。そこに薄力粉を加え、ムラがなくなるよう混ぜます。
    【作り方 イメージ】
  • ⑧ ⑦のボウルに、⑥の1/3量を入れ均一になるよう合わせたら、⑥の鍋にボウルの中身を戻します。
    【作り方 イメージ】
  • ⑨ 鍋を中~強火にかけ、焦げないように底からかき混ぜながら、沸騰するまで炊きます。
    【作り方 イメージ】
  • ⑩ 火を止めたらバターとチョコレートを加え、均一になるまで混ぜたら、チョコカスタードの出来上りです。
    【作り方 イメージ】
  • ⑪ チョコカスタードを容器に移してラップし、粗熱を取るために冷蔵庫で冷やします。
    【作り方 イメージ】
  • ⑫ チョコカスタードの粗熱が取れたら、⑤の型に入った生地の上に、チョコカスタードを全て絞ります。⑤のもう片方の生地をクッキングシートから外して、カスタードの上に乗せサンドします。
    【作り方 イメージ】
  • ⑬ ⑫の表面にフォーク等で模様をつけ、表面に溶き卵を薄く塗ります。
    180度のオーブンで45~50分焼いたらチョコバスクの完成です!
    【作り方 イメージ】

アドバイス

バスクはクッキーとスポンジの中間のような生地の中にカスタードやアーモンド生地、ジャムなどを入れて楽しみます!オリジナルバスクを作って楽しんでみてくださいね♪

このレシピを印刷する

他にもこんなレシピがあります!

©MONTEUR CO., LTD. All Rights Reserved.