白桃のタルト

きれいなピンク色の果肉が目をひきます。自分で作るからこその贅沢スイーツです。

【レシピの写真】:白桃のタルト

  • 動画をみる
  • 印刷する
  • 調理時間の目安
    2時間
    レシピの難易度
    レベル5
  • ブログに貼る

下のコードをブログに貼ると、このレシピが表示されるよ

ケータイでもレシピをチェック!

QRコード

@

※ドメイン指定受信など設定されている方は、「monteur.co.jp」を追加してください。

直径15cmのタルト型2台分

【タルト生地】

  • 無塩バター
    60g
  • グラニュー糖
    60g
  • 全卵
    35g
  • 薄力粉
    150g

【アーモンドクリーム】

  • 無塩バター
    40g
  • グラニュー糖
    40g
  • 全卵
    40g
  • アーモンドパウダー
    40g

【カスタードクリーム】

  • 牛乳
    165g
  • 卵黄
    33g
  • グラニュー糖
    36g
  • 薄力粉
    16g
  • 生クリーム
    50g
  • バニラエッセンス
    少々

【艶出し用ジャム】

  • 白桃ジャム
    40g
  • 10g

【シロップ】

  • 40g
  • グラニュー糖
    20g

【その他】

  • 白桃(中玉)
    2個
  • セルフィーユ
    適量
  • パウダーシュガー
    適量

タルト生地

  • ※調理時間は生地の焼成から始めたときの目安時間です。タルト生地から作る場合は半日以上かかるので、前日に準備しておくことをおすすめします。
  • ① 室温に戻したバターとグラニュー糖をすり合わせます。
  • ② 全卵を2回くらいに分けて加え、混ぜます。
  • ③ 薄力粉を加え、粉が見えなくなる程度まで混ぜ合わせます。
  • ④ 仕上がった生地をラップに包み、冷蔵庫で半日以上寝かせます。
    ※簡単に作りたいときは、市販のタルトをご利用下さい。

アーモンドクリーム

  • ⑤ ポマード状にしたバターとグラニュー糖をすり合わせます。
  • ⑥ アーモンドパウダーを加えて混ぜ、全卵を3回位に分けて加えます。
  • ⑦ 出来上がったクリームを冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。

焼成

  • ⑧ 冷蔵庫から取り出したタルト生地を2~3mmの厚さに伸ばし型に敷きこみます。
  • ⑨ 寝かせたアーモンドクリームをタルトの上に流し込み、180℃のオーブンで20~22分焼きます。
    【作り方 イメージ】

カスタードクリーム

  • ⑩ 卵黄、グラニュー糖を白っぽくなるまでよく混ぜ合わせます。
  • ⑪ バニラエッセンスを加え、薄力粉を入れて合わせます。
  • ⑫ 沸騰直前まで温めておいた牛乳の1/3量を⑪に入れ、混ぜて、全体が一つになったら、残りの牛乳が入った鍋に戻し、85℃になるまで加熱してかき混ぜます。
  • ⑬ 火からおろし、冷ましておきます。
  • ⑭ しっかり立てた生クリームと⑬をあわせたら、カスタードクリームのできあがり!
    【作り方 イメージ】

組み立て

  • ⑮ 水とグラニュー糖を火にかけて沸騰させ、シロップを作ります。
  • ⑯ 焼きあがった⑨の上に、シロップを刷毛で塗ります。
    【作り方 イメージ】
  • ⑰ タルトの縁にパウダーシュガーをかけます。
    (ポイント⇒キレイな見た目のために、デコレーションの前にかけておきます)
    【作り方 イメージ】
  • ⑱ シロップを塗ったタルトの上に〔14〕のカスタードクリームをまんべんなく絞ります。
    【作り方 イメージ】
  • ⑲ カスタードクリームの上に、レモン水(分量外)に浸しておいた白桃を、並べていきます。
    【作り方 イメージ】
  • ⑳ 白桃ジャムと水を混ぜ合わせて火にかけ、艶出し用のジャムを作ります。
    【作り方 イメージ】
  • 21 ⑨のタルトの上に⑳ジャムを刷毛で全体に塗ります。
    【作り方 イメージ】
  • 22 セルフィーユを飾ったらできあがりです☆
    【作り方 イメージ】

アドバイス

【桃の変色を防ぐためには?】
レモン汁を少量加えた水に浸しておくと、変色しにくくなります。その際、あまり長くつけておかないように注意し、使うときはしっかり水を切って下さい。

お菓子作りの基本

このレシピで使う基本テクニック・基本レシピを動画で確認!

このレシピを印刷する

©MONTEUR CO., LTD. All Rights Reserved.